×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2月

2008/2/25
おっ!また更新してる!

数年前は我がエリアのプロがサイトを運営して日々の収支を記していたりしたものだが、一人また一人とパチンコ生活をヤメ、エリアのプロの日記というのは読めなくなった。ブログが流行り出したころはエリアの大学生に兄ちゃんの、学校行かずに毎日パチンコ日記がポツポツと現われるようになったが、所詮は学生の気まぐれパラダイス。運営は長くは続かないものである。

プロ達が消えていったのはやはりパチンコが稼げるものではなくなってきたものだからであろう。数年前から挙動の怪しい台は存在し、それは海なモノに限らず、ある大手に限らずとまともな店が一軒もないかのような状態が続いているこの現状に、希望の光を見出せなかったのかもしれない。

彼らはパチンコ好きではなく、糧とするために打っているに過ぎない。糧とならなければスッパリ縁を切ることもできる。そこが私と彼らの実力の差を生み出す決定的な違いなのだ。

今はどこの店へ行っても、プロ風情の人は皆グループで来ているか、あるいは夫婦、恋人同士といったペアばかり。単独で動いていた猛者たちを見かけることはなくなってしまった。別な地域に逃げたのかもしれないが。今も見かける単独で動く人間といえば、クソ台にも手を出す半端者ばかり。自分と行く店被っている時点で半端者の証なのだが。

単独プロが姿を消した。もはやこの地で生き延びることはできないのか。







「悲しむにはあたらない。絶望を計ることは希望を発見することでもあるからね。」











「戦士にも休息は必要だよ。今度のは少し長くなりそうだがね。」






(了)
2008/2/24
ベルサイユの薔薇2をこの一週間のうちに2回ほど打っている。一昨年から打っているから長い付き合いだが、一度もベルばらリーチを外したことがないというのは私が天に愛されている翔子…証拠ではないだろうか。五木の契りリーチは早々に外したというのに。しかしそろそろ台寿命が近い。

〜これから出る新機種について〜

ルパン三世
平和最後のルパンでこれまでのシリーズの良い所を集めた集大成だとか。まず大当たり絵柄が初代に戻った(デジタル変動中は違うようだがリーチ中の絵を見ると初代になっているようだ)のはグッド。初代の大当たり絵柄はデザイン的にクールだったのでこれは褒められるべき点。スーパーリーチ発展の分岐がフィアット壁ぶち破りと初代を採用しているのも当然といえば当然。そもそも初代が人気だったのは、当時まだ台作りがタイアップ全盛ではない中でルパンというビッグネームがパチンコに登場したからというのもあるだろうが、それよりも演出が秀逸で、フィアットが踏ん張って壁をぶち破るかどうかという演出がとりわけドキドキものだったからと思う。もちろん不二子のパンツが黒というさりげない激アツ演出も超クールで、とにかく初代は全く欠点がない最高機種だったのである。ただ昔ほどシンプルではないと思うし、ここ数年の予告依存傾向はもうどんな機種も抗う事はできないと思うので、初代をイメージし過ぎると期待はずれになるだろう。

天空歌舞伎
有名声優を起用した作品だとか。孫悟空やルイズなど確かに有名どころを起用しているようだ。なぜうる星やつらはオリジナル声優ではなかったのか不思議だ。千両歌舞伎とは全く関係無さそうだ。でも顔はよさそうだからホールは買うかも。歌舞伎モノにハズレ無しだし(適当)。

世界名作劇場
フランダースの犬が使われている時点でどういうリーチ演出なのか気になったが、昇天全回転て…死んだら大当たりなんて華原のみなしごハッチ並のエキセントリックさ。ただそれだけ。タイアップものはキャラのイメージが損なわれるような演出等は版権元からOKが出ないというようなことがあって、いちいち了承を得ないといけない事が多々あるというのを聞いた事があるが、死んだら大当たりってアリなのか。

冬のソナタ2
導入ホールはほとんどで店の選択肢は多くあると思うが、スペックが前作並(もしくは仕事人)だと開くことはまずないだろう。あくまでこちらの地域事情を鑑みての話ですけど。
2008/2/23
本日8万負けのところを共有効果により4万負けに抑えた。そしてパートナーの収支を勝ちからチャラに転落させた。12時間打った末に残るものは何もなかった。花の慶次で、もののふチャンスからチャンスアップなど何も見られない奥村リーチになって、手前7で当たった時は負債も相当なものだったので、「僕たちの戦いはこれからだ!!」と思ったものだが、紫セリフで城門突破できなかった次回転で、「まだまだ続くぞおぉぉ!!」と単発が当たったのは絶望した。その後ガッツでようやく2R確変を引いて、「僕たちの戦いはこれからだ!!」と思ったら、何故か確変中3倍嵌りをくらいとどめの単発で実質500発くらいしか増えなかったのには絶望した。2倍くらいの時点で見間違えたかと不安になってしまったものである。「電チューサポートがないと言うは本当に難しい」と絶望したものである。

そもそも今日は最初の立ち回りから躓いた。マジンガーのヘソが大きくなっていたので、飛びついたら1000円で31回転したため追いかけたら4500円で100回と急降下してしまった。上部の一番最初の振り分けする釘がマイナスになっていて外に零れすぎの仕様になっていたのである。仕事人は店長代わってからワープ抜けなくなってステージの出来を論ずる以前の仕様になっているし。っていうかどこの店でも五木ひろしを置くようにして欲しい。設置しているのは店に行かずとも釘の開く日は無いと断言できるような駄目店ばかりだし。

来週から地獄の日々が始まるので打つのは休みになる可能性大。
2008/2/19
「どうもお灸が効き過ぎたようです。人を叱ると言うは本当に難しい。この責任の一端は私にも有るでしょうし、何かしら責任を果たさないといけないでしょう」

「その代わり私は厳しいですけれど。教わりたいと言う旨のメールを貴女から届き次第、時間を割き課題とか考えて返信します」

半端ないよ、このコメント。しかも文末は長文乱文失礼と締めくくっていたそうな。失礼だと思うなら態々書くことしなければよいのに。免罪符代わりなのだろうか。とにかく凄い。久しぶりに笑ってしまった。絶対に改文で使わせてもらう。近いうちに。
2008/2/17
投資 回転数 備考
500 10 ヤメ アクエリオンMF
2500 72 ヤメ 花の慶次
1000 11 幻魔大戦GL
14連 途中経過省略
20+69 赤図柄
3 赤図柄
50+165 赤図柄
5
20+74
8
4 赤図柄
5
3 赤図柄
50+2
8
2 赤図柄
50+32
5
20+33
4 赤図柄
3 赤図柄
50+100
4
20+5 赤図柄
50+1 赤図柄
1 赤図柄
3 赤図柄
3 赤図柄
3
1
1
6 赤図柄
(10)
4
1 赤図柄
8
20+59
20+43 赤図柄
5 赤図柄
50+18
6 赤図柄
50+44 赤図柄
50+64
3 赤図柄
50+136 赤図柄
2
7 赤図柄
6
7
20+58
8
7 赤図柄
50+13
(19)
20+90
4 赤図柄
1 赤図柄
50+30 赤図柄
1 赤図柄
6 赤図柄
50+148 赤図柄
7 赤図柄
1 赤図柄
7
2 赤図柄
(25)
(11)
7 赤図柄
(37) 赤図柄
4
20+143
2 赤図柄
50+101 赤図柄
6 プレミアム16R
(15) 赤図柄
(22) 赤図柄
3
6
20+47 赤図柄
1
1 赤図柄
50+47 ヤメ 13528+約5500

昨日の幻魔大戦の結果。

盤面のRランプに4Rと16Rがあることに中盤気付いたが、兄弟機種の名残かと思ってそのことを忘れていたら終盤大当たり3R目にベガ役モノが動いたので、これ如何に?と思っていたら驚愕の16R。振り分けは1/100くらいだろうか。

っていうかベガの声江守じゃないんじゃないか。まあ声優全部起用したりすると金かかるのかも知れないが。東とルナくらいしか声がないのでは当時のファンもがっかりではないだろうか。こういうところにショボさが見られる。だが、それがいい。ニヤリ。最終決戦は何故か一度も外さなかった。

ヘソが平行以下だったのでメイン入賞がステージ上からみたくなってしまった。スルーが見た目以上に通らなくて駄目だった。
2008/2/16
いつもの店はやめてマジンガーの店。

はやくも↓の記述と異なる立ち回りだが、一番手の評価はもうできない。交通状況の悪さから30分遅れで到着したのだが、駐車場は結構な入り。みんなパチンコ大好きっ子だなと思いながら入店。

アクエリオン500円10回という結果を見届けてコーナー移動。マジンガーのコーナーは一人しか客がいないがそいつがちょうどマジンガーの隣なのでパス。まあ前回回らなかったしこれでいいんだ。

ヘソが平行以下な幻魔大戦に着席。1000円11回転目にステップアップ3+群予告が来たので信頼度とかは知らんけどまず当たるだろうとリーチ中にパートナーに席を譲り、当たりを見届けてから花の慶次に移動。2500円投資して72回転+小当たり1回という結果。続行しようかとも思ったがどうにも気が乗らないので幻魔の様子を見に戻ると、経過は知らんが7連中だったので、ここでパートナーは一時退店し自分が交代して再び幻魔大戦に戻る。

するとこれが引き継ぎ分含めて14連荘。やはり確変8回はデカイ。初めてこの機種打ったけどエヴァよりイイね。何となくだけど。強予告の安心感がある。一日打っただけでよくわからないけど。

で、20時まで打って大当たり総数90回オーバー。今日はハマリが無かった。ジェットカウンターに玉を流すと13528発。パートナーに5500発くらい差し上げてしまったので、実際は19000発はあった。詳細データは次回乗せようかと思う。ちなみにこの店は、前にエリアのプロさんが怪しいと言っていたと述べた店。っていうか全く怪しくない店なんてあるのか。
2008/2/15
2/9の店には実はその前の週も行った。というのも、とても煽った広告を打ってきたので期待が持てると踏んだからだ。週一イベントでも無いようだったので絶対釘を開けてくるだろうと。

しかし現実は非情無常、その前の週より全体的に締まっていた。客は煽り効果で開店時でもいつもの2、3倍はいた。

その日のイベントコーナーには、今まで見たことのない兄ちゃんグループ4人が来ていて、終日まで(たぶん)打っていたが彼らにとっても徒労だったに違いない。パチンコ好きの学生友達とかではなく、プログループの類であることは私もそこそこキャリアがあるので見分けてしまうが、彼らの立ち回りはまだまだ未熟。そう、自分と同じくらいの力量。

数の力で今は生き残れるだろうが、一人になった時破産してしまう程度の力量だ。この店、昨年は昔からどこの店行っても見かける奴ら(基本的にみんな一人で行動している)が結構来ていて、「みんな光に集まる蛾だな」と苦笑したものだが、最近は全く見かけなくなってしまった。破産したのではなく、見切ってどこか別なとこにいるんだろうが、私はもう少しここの様子を見てみたい。もちろん怪しさ100%なのは承知でだ。
2008/2/12
○○な店がイベントやるとのことでアフター7に様子見に行った。

先週リニューアルしたばかりのためか今日のイベントのせいか、イベント対象機種は釘が開いていた。とりあえず5倍越えしてるかぐや物語に着席。500円使いきった15回転目に当たり。奇数絵柄。以降、確変時短込み(次からも同様)の66回転目に偶数当たり、80回転目に偶数、49回転目に偶数、162回転で飲まれてヤメ。

こんな夜分遅くから追い金する気力はないし、ハネデジだし。マイナス1000円。

週末まで釘が残っていれば打とうかな…と思うが、相変わらず出玉が伴わないのは…。
2008/2/10
五木ひろし…と言いたいところだが、現金投資の場合打つのが躊躇われるレベルなのでパス。

店を変えて挑んだのは「CRマジンガーZ対グレートマジンガーX」7000円159回転で当たり。そのまま持ち玉で打ち続けて最終的に6450発で終了。序盤で大雑把に24連したのでほぼ大勢は決まった。と思ったら後半は帳尻のような展開に遭って持ち玉を減らして終了。まあ回らなかったのが一番の問題だったのだが。
2008/2/9
冬ソナで出した出玉を持って数機種移動を繰り返し、本日の終の棲家となったのは五木ひろし。

最終的に14500発で終了。

それにしても五木ひろしの面白さは群を抜いている。タップリーチがかかると余りの秀逸っぷりな演出に思わずにやけてしまう。このリーチを本機種最強リーチにしても良かったのではないだろうか。タップリーチを見れば液晶を作った技術者のスキルの高さがわかる。まあ液晶に関しては外部のゲーム会社とかが作ってるのかもしれないが、とにかく全部まとめてブラブラボーである。

当たりのセグがアタッカー横から上部に移動したのもグッド。アタッカー横にあると嫌でも見てしまうので、純粋に確変昇格演出を楽しみたい場合に障害となってしまう。この点はベル薔薇にせよびんぼー頭巾にしても何とかして欲しかったポイントなのだ。
演出面では、保四のPUSHボタン予告が出たときのドキドキ感は他の追随を許さない。ボタンの形、押し心地もグッド!これだけ素晴らしい作品がほとんどのパチンコユーザーに関心を持たれなかったというのは不幸だ。まさにこのメーカーは業界の怪物、もっと評価されていいメーカーなのだ。

戻る