×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1月

2008/1/27
給料日後の土日、そしてエヴァンゲリオンということで行くのが躊躇われたが参戦。

少し遅れて開店20分後に到着。エヴァコーナーは見る必要がないのでそのまま通過し、ハネデジを見ていると北斗の拳のヘソとスルーが開けられているのを確認した。

エヴァンゲリオンはスペックが駄目。長く使うだろうからその過程で釘は動くのだろうが積極的に打つスペックではない。っていうか、電チューとヘソで大当たり内訳変わるのはGメンが最初だと思うが、このタイプでスルー締めずに営業する店は等価エリアの我が地域ではこれまで皆無といっていいもので、ヘソが動く事はあってもスルーはなかなか動かないと思う。

もともとエヴァを打ったのも1作目の時は当時の1/500やら1/400スペック乱立時代に1/262タイプがあったので打っていただけであり、2作目も他機種より釘が動くという理由で打っていた。3作目は1作目と同様の理由で高確率のスペックのみ打っていたので、特にエヴァが面白いという理由で打っていたことはこれまでなかった。今回は打つ機会が過去最高にないと思われる。

で、北斗の拳に話を戻すとスルーは良く通るように改善されているが回りは納得できないレベル。釘開けてきたのが逆に怪しいので今日はこれはパスしなければならない。

で、放浪の旅にでるもこれといったレベルの台がないので途方にくれながら移動しまくり、終の棲家となったのは五木ひろし。

恐らく本日一番レベルの高い台は歌舞伎剣だろうが、これは自分が試しうち1000円で当たった後、他の人に譲ってしまったのでこれと同レベルの台を探すのは至難だった。しかし、自分より技量の劣る人間により良い台を打たせるのは当然のこと。みんなやっているはず。

それにしても「aaaにハズレなし」の格言どおり、五木ひろしもさまーずっぽくて良い。打ったのが1/100タイプであるから演出が余りないのも苦にならない…というかそこが長所になっている。基本、保4で五木ひろしPUSHボタン予告待ちっぽいところがあるが、それが非情に良い。当たる時はPUSHボタン予告の高信頼度予告、確定予告を伴うことが大半なので一発告知タイプっぽいが、そこもこの高確率なら見事にスペックに活かされて良い。これが1/300、1/400タイプだとまた評価は変わってしまうのだろうが。世間の評価では通常が退屈だの、プレミアムが確変確定ではないだの(プレミアムは確変確定ってそんな大事なのか?最近の客の勝手な期待感ぷりには驚かされる)で余り評価はされていないようだが、ハネデジに関してはかなり良いと思う。終日打って4294個。
2008/1/21
CR新世紀エヴァンゲリオン〜使徒、再び〜最速実践レポート!!

今日はチラシはエヴァ一色…というわけでもない。大手はもちろんエヴァをアピールした内容だが、最速導入できない店は明らかに中古や系列店から流れてきた機種で新台入替をアピール。これが格差社会ってやつか。同じアホなら踊る方がいいのに、あえてこういう店を選択する人はもう少し踊らされた方がいい。

アフター6に○○な店。新台エヴァのシマに一目散に駆けていく。

と見せかけて実際はエヴァコーナーを探す事もせずアクエリオンのシマへ。するといつ開いたのか知らないがいつもよりヘソが大きい。もともとこんな時間から打つ気はないが、どれくらい回るのかは確認する必要がある。打ち出してみると最初1000円で30、次は25と微妙になったので隣に移動。

財布に入っていた札は1000円が2枚、1万が1枚だった。最初の台で1000円札は燃やしたので万札でプレイしてしまったのが運の尽き。試しのつもりがダラダラと打ち続けてしまい、とうとう最後のワンプッシュまで玉を借り切ってしまう。

するとその瞬間、回転中のデジタルがピシュッ!ピシュッ!ピシュッ!と止まりアクエリオンチャンスに。必死にボタンを押してみると(回すのではない)ルナリーチ。

私のこれまでのアクエリオンチャンスで、一番当たっているのが最弱ともいえるこのルナリーチなのだ。4でテンパイしてエレメントは麗華。麗華はルナリーチ演出で当たり取得の場合、最もよく選ばれるので(と、個人的には思う。プログラムみてないのに)期待半分で見つめると、もう半分の不安をかき消す大当たり。再抽選で333。まさに九死に一生スペシャルである。1万円と2千円投資の320回転目の出来事であった。

アクエリオン最高や!エヴァンゲリオンなんか最初からいらんかったんや!!せめて4連してくれよ…とエゴ丸出しでいると速攻で創聖モード、嫌な予感がする。大体こういうときはえてして次は単発なんだ。そう思いながら恐恐と打っているとステップアップ予告が発生、まずはグレン…!ハっとしたその刹那、次はマナマナちゃんに切り替わる。「ぽえぽえー」と思っていると次に不動が現われ「これぞ、創聖合体」発言、プレミアムステップアップや!9でテンパイした刹那、なんとマナマナ群までもが現出。何という集約…!アクエリオンルナリーチがさくっと外れた瞬間役モノが高音を周囲に振りまきながら確変ゲット。

…そうか!「これぞ、創聖合体」という発言はこの当たり方を暗示していたんだよ!!

「な、なんだってー!?」

という会話を思い描きながら打っていると、次は擬似連4からアクエリオンルナリーチ。以前確変中の擬似連4連を外しているので心配しながら見るとやはりハズレ…と思いきや復活当たり。次も擬似連4連からのアクエリオンルナリーチで当たり。その次が擬似連3連からのソーラーリーチで単発。時短後7回転で即ヤメ。8332個。

しかし偶然の所持金が12000円、当たった時の投資額も土壇場1万円と2千円。嘘のような話だが、ホントに嘘。ではなくこれは真実なので何か運命めいたものを感じる(勝手に)。モニターの向こうのあなた!アナタはこんな奇跡を演出できますか?

続く
2008/1/19
いつもの店。

明菜のヘソが開いていたので打つも2000円で41回転と論外なのでヤメ。五木のハネデジに移動。2500円投資の63回転目に2度目の「激熱」予告から当たり。時短9回転目に単発。飲まれる直前の時短後84回転で確変。次が2R確変でその次が単発。時短後1回転目に大当たり予告で速攻単発。時短中21回転目に確変が当たり2連。

と、雪崩のように書き連ねたが、ここから時短含め280回転を回すも当たらず。多機種に手を出すもパッとしないのでここでの勝負をあきらめる。マイナス1万円。

店を変えて花の慶次。1000円で傾奇ゾーンに突入するも小当たりなのでそのままヤメ。どうぞハイエナして下さい。で、ウッドペッカー2に手を出すと1500円で何だか知らないうちに当たってしまう。ちなみにHD。スペック全然知らないので困ったが時短で引き戻す事が多かった事から潜伏あるのは間違いないというのは序盤から理解していた。つーか普通に面白いがマルホンなんで設置が少ない。小当たりも含めると79回当たって13729個。回転数は数えなかった。

回転率は22〜23くらいだと思う。かなりヘソが狭かったがステージからの入賞がよかった。もう打つ機会はないと思うが。

今日は精神状態が悪かったので狭量ッぷりを如何なく発揮した。
2008/1/18
来週のエヴァ4のせいか今週はどの店もエヴァを絵にしたチラシを入れてきていた。っていうか今更のエヴァイベントを告知する店が多かった。どうせガセだろうが。

○○な店がプレミアムなイベントを今週は開催しているという噂を聞いたので、アフターにも関わらず行ってみた。ベル薔薇2に3000円ぶち込んでヤメ。すたこらレーサーに大(台)移動すると流石に高確率というか500円8回転で当たり。

すると高確1回転で見事当たり。時短ゲット。次も1回目転で当たる。出来すぎ兄さんである。この連荘モードは儚くも5連で終わりかったるいのでベル薔薇2に移動するも、何の見所もなく持ち玉が無くなってしまう。

イベントの割には出ていなかったので、釘の開けと出玉が反比例する不思議な店を去ろうと思ったが、500円分の残高が残ったカードがあったのでハネデジの倖田姉さんを打つことにした。

全然回らないなと思っていると数回転で単発が奇跡的に当たる。初めて倖田で当たった。時短10回転目で単発。この2回分が飲まれるところで、即ち時短後79回転でまたも単発。次が時短中だったか時短明け速攻だったか忘れたが、とにかく早い段階でなんかのリーチが外れたと思いきや復活当たりで15Rで2連。

やる気がないので帰ろうと思っていたら時短明け速攻で4連。時短6回転で引き戻して5連。時短8回転で引き戻して単発。よくもまあ早い回転数で引き戻すものだ。

話は逸れるが、最初の単発当たりの時、背後にロンパリ背広オヤジがこちらのリーチを観戦して、当たり後は腰を屈めてセグなのかラウンドランプなのか目的はわからんが覗き込むという強烈なウザさを披露してくれた。まあ自分の前に打っていた人なのかなと想像を膨らませて見逃したが(何を?)。加えて一台空けた左隣にはこちらの爆音に脊髄反射して覗きに来るハゲオヤジといつになくアットホームな環境で打つこととなっていた。

後半の引き戻し10連の頃には真後ろの台に座ったおっさんが、こちらに歌系の派手なリーチが掛かるたびにわざわざ覗きに振り返るというギャラリーフェイクぶりを発揮。今日の環境は狭量な私には耐えがたきものなのだが、我が台に映る真後ろのオッサンの微笑が私の考えを改めさせた。

この文を読んでいるモニターのあなた。あなたはこんな顔でパチンコを打てますか?と言いたくなるようなその微笑顔に、私は体に溜まった全ての負の感情を洗い流されたのです。

後半流石に鬱陶しくなりましたが。7245個。
2008/1/15
巷ではヤッターマンOP論争が盛んのようだが、超名作ヤッターマンを復活させたセンスだけは評価して欲しい。チャンスさえあれば平和のヤッターマンは打ちまくっていたのだが、1、2作ともに打てるレベルの台がなかったのが悔やまれる。私はタイムボカンソングセレクションを持つほどのタイムボカンシリーズ(ヤッターマン)好きなので、昨日パチンコ打っていて見れなかったのはナンセンスであるといえる。

しかしガンちゃんとアイちゃん、加えてオモッチャマの声優が変わってしまったのは見る価値半減だ。声優が死んでいないなら引退していないならば、1作目を忠実に再現して欲しかったのである。

これは間違いなく平和からヤッターマンの新作が出る布石だと予言しておく。
2008/1/14
前回の記述までの間何度か打っていて、連敗続きでとんでもない負債を抱えていた。先月末に改めねばと思っていたのに失策続きなのが敗因の1つである。しかし、「あなたと合体したい…」と言われれば打ってあげたくなるというのが人情ってものだ。友を想わぬ者はディーバにはいらん!!

同じエリアのプロさんが怪しいと言っている店に。ここは昔通っていたが、疑いの目で見れば全てが疑わしく見えるものだ。ただ、自分が行っていたのは昔の事なので今は変わったのかもしれない。しかしこの店一時期エライ閑散とした店に落ちぶれていたのに見事に盛りかえしたな。この店、釘…というかヘソは羅生門のように狭くそれに伴い当然に回りもよろしくないのだが、何故か客がいる不思議な店である。普通一度飛んだら営業方法でも変えない限り元に戻すのは至難に思われるが、目を離した隙にどうやって戻したというのだろか。

狙いのアクエリオンは満席なので思わず花の慶次。最初の1000円で29回回るも、ヘソは嘘をつかないという格言通り?5000円も打つ頃には絶望的な回りになってしまった。その後イベント指定のカリブを打つも駄目。次にダイナマイトに手を出すと、当たり後16回転の台を打ったら、2回HOLDして3が当たる。っていうかセグ判別知らないのでやばいと思ったが、打ち続けると(全然回らないので苦痛)またも3で当たり。何故追ったかというとダイナマイトタイマーが再点灯して潜伏臭かったから。しかし次は潜伏の気配も感じられない。携帯サイトで探せばセグ判別のサイトがあるだろうと考えたが、2回目の3当たりの時セグを見なかったことを思い出す。

流石に回らないので49回転させてあきらめる。これは負債を増やしすぎだろう。

何となく寄りが良く見えた角から2番目の仕事人。200回転程で保留なしから刺客連続予告が発生し、2連を越え…3連行った!!と思った刹那、キュインキュインとハンドルが光る。2連。

おいおいたった2連て…。などとエゴ丸出しでいると時短中59回転で、擬似連2〜勇次障子予告赤で「表か裏か…」とかいうのが発生して豪剣が伴う。鉄が見事に当たりを射止める。3連。

これで勝ち逃げ…っていうかまだ負けてるけど。などと弱腰になっていると時短後49回転で7絵柄を秀が射止めたので驚愕した。2連。

次は時短後75回転に擬似連2だったか3だったか忘れたが、勇次と主水の組み合わせからだったと記憶しているが、豪剣+勇次リーチになりハズレ…と思いきや復活当たり。2Rを1回含む計5連。

その後時短95回転目に擬似連1か2で豪剣+秀リーチがかかり、単発。時短後終了5回転でヤメ。15491個。

運勝ち。先述のプロさんは仕事人が怪しいと言っていたがまあ今の時点では自分としては何とも言えない。ただ後ろに時短引き戻し込みで40連近くしている人がいたので…とは思ったが。
2008/1/3後記
ハムナプトラ

通常回転数:593
時短回転数:432
確変回転数:78
初当たり回数:4
時短当たり回数:5
確変当たり回数:3
初当たり確率:1/148
時短当たり確率:1/86
確変当たり確率:1/26


北斗の拳
通常回転数:1141
時短回転数:1377
確変回転数:254
初当たり回数:22
時短当たり回数:24
確変当たり回数:29
初当たり確率:1/51
時短当たり確率:1/57
確変当たり確率:1/8.7
2008/1/3
昨年は近年稀に見る未熟な立ち回りを多くしたので、今年打つ機会があるときはもう少しまともな立ち回りを演じなければならないと決心。

本日の実践は○○な店の系列店。2時間近く遅れて到着したがまだ空き台はチラホラと存在する。狙うつもりだった北斗が空いていたので手を出したが、2000円40回転という結果と朝一台の状態だったのでまだ動向がつかめないということもあり(真意は後ほど)ハムナプトラに移動。

すると1回転目に腕輪演出からハゲと戦うリーチになり見事敗北…と思いきや復活演出で赤図柄ゲット。しかし7回転のチャンスタイムはスルーで失意のどん底に陥ると、21回転目に速攻で赤図柄当たり。これがスーパーラビリンスモードの架け橋となり7連荘。

ここで今日の勝ちを確信しかけたのだが、やはりというか何というか489回転で持ち玉が尽きてしまう。追加2500円42回転で当たり、ラストチャンスの7回転目で赤図柄ゲットも次回は華麗にスルー。これが93回転で刀尽き再び再投資の旅に出ることに。

1500円23回転で赤図柄当たり。やけに1/3の赤図柄の引きが良いがこれもスルー。45回転させてコップ一杯分の出玉を残すのみとなったところで最初の北斗が空いたので移動。

4回ほど当たった後、現在4倍越えとなっている。この店も系列同様まともではないので、正月営業ということもあって今日はスランプが大きいだろうという事は想像できた。釘は変えてきていないので、中身がコントロールされているのではないのだろうか。で、北斗が一番怪しいので(過去の出方を見ていて)もし羽デジコーナーで間違った出方をするような事があるとしたらこの機種だろうということも考え、この台を今日は選択肢に入れたのである。

持ち玉は12回転で蕩尽し、1000円8回転でサウザーを倒して初当たりゲット。僕たちの戦いはこれからだ。

投資 回転数 備考
2000 40 北斗STV ヤメ
500 1 ハムナプトラKSZ 赤図柄
7+14 赤図柄
5 赤図柄
3 赤図柄
(7+57) 赤図柄
(7+92) 赤図柄
(7+45) 赤図柄
(7+89) 赤図柄
(7+56) 赤図柄
7+93+389 持ち玉0
2500 42
7 赤図柄
7+86 持ち玉0
1500 23 赤図柄
7+38 台移動
12 北斗STV 持ち玉0
1000 8
(4+37)
4
(4+24) 2R
4+41+54
4+41+26
(4+16)
2
1 2R
(4+41) 2R
3
4
4+41+33
(4+25) 2R
2
(4+24)
(4+12)
(4+13)
4 2R
1 2R
(4+23)
4+41+25
4+41+141 2R
4+41+4
1
4
(4+21)
3
4+41+62
4
4
1 2R
4+41+16
4+41+19
4
(4+7)
(4+29)
(4+19)
1
4
(4+16)
3
4+41+22
4+41+176
4
4+41+17
(4+10)
2
(4+11)
4
(4+33)
1
4+41+32 2R
1
4+41+37 2R
4+41+12
4
(4+2)
1
2
4+41+4
3
(4+9)
4+41+6
(4+24)
(4+6)
4+41+135
1
4+41+167
1
4+41+7
(4+23)
4+41+47
(4+7)
(4+14)
4+41+39 ヤメ
19276個

終わってみれば羽デジの分際で約2万発。スルーはギリギリ妥協できるレベル(やや減り)だから手を出したが、潰れてたら流石に手を出せなかった。

戻る